法律事務所リベルタ再生は弁護士費用の分割支払いに応じています。ご相談してください。

●損害賠償請求

損害賠償請求 日常頻繁にテレビで放映されています

・除草剤をまいて行政が植えた樹木を枯らした。勝手に伐採した。これは行政の長は黙っていられません。

・車検で車を出したら知らぬ間にぼこぼこにされていた。修理したと言って何もしてなかった。法外請求された。

・交通事故の被害にあった。車も自分の体もガタガタ。

・歩道で自転車に接触してケガ(骨折、負傷、打撲)をした。

・浮気の証拠を見つけた。離婚して慰謝料請求してやる!

・医療現場で手術が終わった。手術用器具を体内に置き忘れた。

・処方箋を薬局でもらった。飲むと体調が悪化した。入院になった。

 損害賠償は様々です。

 

Tel : 042-646-3232  JR八王子から8分 京王八王子駅徒歩3分

またはお問合せメール こちら

法律事務所リベルタ再生 弁護士:渡邊良隆(わたなべ よしたか)

役立つまめ知識: 調停とは    紛争と決着  わかる相続と贈与  負債、借金を減らす方法

写真と損害賠償は関係ないと思った方、将来不測の事態になったとき大きく損する考え方です。備えあれば憂いなしにしましょう。

 

例えば、ボートは自作ではなく専門店で購入したもの。オールは付属品で付いてたもの。

悠々と湖や海で漕ぎ始めたら、事故で遭難。

調べるとボートに欠陥があって、それが事故原因。

また、オールを漕いでたら折れた!漂流した。運よく助かった。

 

この場合、警察は事故原因を調べます。生存してたら説明できることもありますが、死亡事故になると家族の方は弁護士や損害賠償などいろんな対応に追われます。損害賠償は様々です。代表的な事例でご案内します。

 

 損害賠償は、「交通事故」「支払い遅延」「火事」「隣人トラブル」「名誉棄損」「誹謗中傷」「物損(壊された)」など様々です。また離婚時の慰謝料は損害賠償請求になります。

 

交通事故の場合

・実際の対処法は以下の通りです。

 

①事故発生

 警察への届出。加害者の情報収集。

 証人の確保。様々な証拠集め。

 

①の必ず確認すること

 ・加害者の住所、氏名、連絡先

 ・加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社名、証明書番号

 ・加害車両の登録ナンバー

 ・勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先

 

②自動車安全運転センターから、交通事故証明書の交付を受ける

・自動車安全運転センター事務所のほか、警察署、交番、駐在所、損害保険会社(共済組合)などで、申請書をもらい、必要事項を記入の上、申請書を提出。申込方法は、郵送、窓口、インターネットなど。

・交通事故直後には必要が生じなくても、何年か経った後に様々な支援を受けるための申請に必要になることもあります。特に死亡、重傷事故においては、証明書を取得しておくこと。

 

③目撃者を確保

理由:相手方とのトラブルになった際などに効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば、その証言をメモる。氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておく

 

④自分でも記録

・事故直後の記憶が鮮明なうちに、現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要

 

⑤医師の診断

・その場では軽症だと思っても、あとで意外とケガが重かったという例もあります。医師の診断書はあなたを救う書類になります。

 

参考情報はこちら:国土交通省 自動車総合安全情報

 

Tel : 042-646-3232  JR八王子から8分 京王八王子駅徒歩3分

またはお問合せメール こちら

法律事務所リベルタ再生 弁護士:渡邊良隆(わたなべ よしたか)

 

 

損害賠償請求権は

被害者を護る権利

 

お金で全てを解決できない 

かもしれません 

されど、被害者とご家族は

請求する権利があります。

 

コロナ禍や経済情勢の影響と思われる一例になりますが、借金、返済で毎月20万(金額は様々です)の支払いが厳しいと窮地の人が増えています。弁護士として苦しい方にお伝えしたいことは、毎月の返済額を4万円に減額する手法があるということです。苦しい状況の方々にお伝えしたい。ぜひ一度ご相談されることをお勧めします。自分は無理だなどと思わずにご相談の一歩を踏み出していただきたい。
あなた様の身近な信頼できる弁護士 渡邊義隆

こんなことが!アメリカでの出来事

やけどした客に3億9000万円の賠償金

 

アメリカであった話です。 マクドナルドのドライブスルーで購入したコーヒーをこぼしてやけどを負い、同社から懲罰的損害賠償を含め300万ドル(3億9000万円・ドル対円の換算率を便宜的に1ドル130円で計算)近くの賠償の陪審員評決を勝ち取った女性の事例です。この内容についてYahoo japanニュースが取り上げています。こちら

 

とにかく海外特にアメリカ合衆国の法律は日本とは 全然違うと考えるべきです。怖いとしか言いようがありません。 

 

日本人なら知っているあの言葉

 

「訴えてやる!」お馴染みの言葉です。 

そこから考えてみます。 

 

弱者にとって一見使える言葉と思う方は比較的多いのかなと 思うのですが、これを使いすぎると逆に脅迫行為と思われて印象が下がるだけで済まなくなる場合もあるかもしれません。 

 

じっくり考えると脅迫行為は脅迫罪になるのでは? と思っておくのも大事です。 似た言葉に 「覚えとけ!」は相手を威嚇し恐怖を与える 

だから脅迫行為に近い?また、「言いふらす!」はどう考えてもまともではありません。

 

その言葉に  何かを要求してくるような意味まであるとしたら脅迫であり且恐喝で犯罪です。ある言葉を発した人は凄みを出したいから威嚇した。特に大した意識もせずに発してしまう場合がありそうです。

 

そして、意図的に悪意を含む言葉を発している場合が想定できます。意図的というのは、発した相手に強要する意識があると強要罪という犯罪行為になります。 

 

 弁護士はそこをきちんと見分けていきます。

 

いきなり脅迫しているわけではなく、やんわり言っているつもりが相手には強要された、脅迫されたと捉えるスイッチが入ると事態は、深刻です。警察か弁護士の出番となります。こうなると裁判まで行くか示談で済ますかの域に入ります。損害賠償請求にする場合は裁判に移行します。

 

人は頭に血が上ると暴言を吐く人が中にはいるかもしれません。言われた人は怖くて何もできないか、お金を払ってしまう事態に追い込まれる可能性もあります。ここに至ると損害賠償ではなく事件扱いになります。 

 

 

 

海外両行に行くなら保険

 

海外旅行で大失敗したときは、弁護士に頼る前に損害保険会社を頼る。これ以外にベストな選択は無い。 かもしれません。

そもそも日本の弁護士が海外まで行って対応する?

 

弁護士先生の中には進んで引き受ける人もいる?

まずその国の法律とシステムがわかること。英語ができること。経費に余裕があること。やはり損害保険会社に委ねるべきですね。

 

海外旅行でとんでもない失敗をしてしまう。 

それで損害賠償を請求された。そんなときのために損害保険をかけて旅行に行く。 

 

旅行者の100%が必ず損害保険に入っている? 

 

もしも損害保険を掛けずにバカンスだーで行って震える事態にならないこと。 ホテルに泊まって部屋の器具を壊してしまった。風呂の水を出しすぎて浸水、下の階に漏れる。被害は拡大する。怖いことになった。 

 

 200万で済む?500万で済む? 

 

自転車をレンタルしたら壊れた、携帯をレンタルしたら紛失した 。損害保険に入るの忘れた 衝撃の金額にはならないけど 数万円が請求された 

 

 バカンスなのに泣きそう いや泣く 

考えると憂鬱になります。 

海外旅行は十分気を付けなければ。 

 

ここに記載した内容は一部ですが凡そがご理解いただければ幸いです。

 

 

 

 

また例えばですが、一例として下の写真をご覧いただけますか。もしも、予定していた沢山の楽しみを

 

すべて、失ってしまったら、どのような気持ちになられるか・・・

 


法律事務所リベルタ再生は弁護士費用の分割支払いに応じています。ご相談してください。

 

 

Tel: 042-646-3232

Fax: 042-646-8787

 

法律事務所リベルタ再生

弁護士 渡邊 良隆

 所在地:東京都八王子市明神町

4-14-1 エヌビル2F

京王八王子駅3分

---------------------------------

©2023-2024 Liverta-saisei

広告主:法律事務所リヴェルタ再生

HP運営:LittleWing OFFICE

 

 

あなたの一番のパートナー

コロナ禍や経済情勢の影響と思われる一例になりますが、借金、返済で毎月20万(金額は様々です)の支払いが厳しいと窮地の人が増えています。弁護士として苦しい方にお伝えしたいことは、毎月の返済額を4万円に減額する手法があるということです。苦しい状況の方々にお伝えしたい。ぜひ一度ご相談されることをお勧めします。自分は無理だなどと思わずにご相談の一歩を踏み出していただきたい。
60分無料法律相談 相談ルーム

 

損害賠償請求の方法には通常下記のパターンが

あります。

 

【示談調停裁判(訴訟)和解】

 

上記の全てで進めるか

いづれかの段階で折合うかになります。

 初回60分無料法律相談の際に詳しくご説明いたします。

 

 

 

 ▶ Topへ

 

● 取 扱 業 務 一 覧 ●

 法的紛争に関わる相談、訴訟、その他法律業務全般

 

 

   ▶ 離婚  借金でお困りの方

 

  相続  損害賠償請求の方法

 

    @豆ちしき

 

  よくあるご質問  料金について

 

  事務所概要  アクセス方法

 

  プライバシーポリシー

 

  ご相談受付フォーム

 

   ▶ ブログ

 

  納得できる結果をご提供します。

 

 

どんな時も味方になる弁護士

 

Tel: 042-646-3232

Fax: 042-646-8787

 

法律事務所リベルタ再生

弁護士 渡邊 良隆

 所在地:東京都八王子市明神町

4-14-1 エヌビル2F

京王八王子駅3分

---------------------------------

©2023-2024 Liverta-saisei

広告主:法律事務所リヴェルタ再生

HP運営:LittleWing OFFICE

 

京王八王子駅西口から3分です。(アクセス方法へ)

 

 

 

概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | 

サイトマップ
法律事務所リヴェルタ再生 法律相談、離婚問題も悩まずご相談ください。

あなたの味方になる弁護士です。

 

 

広告掲載媒体ご案内

離婚弁護士相談リンク 相談サポート 相談サポート  タウンページ なび東京 e-shops  いつもNAVI

 

悩まれる方に適切に対応することが弁護士の仕事です。弁護士は相談される方に信頼されなければ何も進みません。弁護士も普通の人です。怖い弁護士は相手にされません。と言って優しいばかりでは弁護士は務まりません。法律事務所リベルタ再生の弁護士として守り続けていることは真摯に向き合い、柔軟に対応する弁護士であること。