弁護士費用、分割対応可能です。法律事務所リベルタ再生は離婚相談、借金相談、損害賠償の相談、相続の相談
60分無料相談、離婚、借金、損害賠償、慰謝料の請求、3000件を超える解決実席があります。信頼される法律事務所で、これからも宜しくお願い致します。また、初回の法律相談は、個人、法人様いずれも初回60分無料相談です。補足として離婚手続きの着手金は原則として30万円+消費税3万円です。費用について詳しく知りたい方はご連絡ください。

法律事務所リヴェルタ再生

離婚のこと、借金や相続のこと

初回60分無料相談

今まで約3000件以上のご相談に対応し、困ったことを解決したいと願う方々の声を聴き続けてきました。八王子だけでなく多摩市、立川、昭島、青梅、橋本、相模原、山梨と広範囲に対応しています。解決できないことはありません。遠慮せずご連絡お待ちします。

法律事務所リベルタ再生 弁護士 東京、神奈川、山梨からのご依頼に応えています。
弁護士 渡邊 良隆

安心法律相談 初回60分無料

弁護士への支払い方法 お困りの方、分割対応します。

弁護士への支払いが経済的事情により費用の工面が一括で出来ない場合は、費用の分割が可能です。

 

また、初回の法律相談は、個人、法人様いずれも初回60分無料相談です。補足として離婚手続きの着手金は原則として30万円+消費税3万円です。費用について詳しく知りたい方はご連絡ください。また上のバナーの通り支払い方法のご対応も承ります。


 

お客様の

感想をご参考に

 

Hotボイス①(鈴木様 仮名)

南多摩高校そばの2階。親身に相談に乗ってくれる弁護士先生です。☺ 友人の相談など、何度かの付き合いで感じたことです。

 

 

Hotボイス②(郷原様 仮名)

とにかく親身になって頂ける。丁寧です。経験が豊富なのでしょう。安心感もあります。会社と個人の問題でお世話になりました。

人は皆様々な問題があると思いますが、弁護士に一度相談されるのは、ありだと思います。私は損はありませんでした。

 

Hotボイス③(山田様 仮名)

離婚のことで、初めて法律事務所を訪ねて緊張しましたが、とても親切で丁寧な対応でしたので安心しました。緊張感もすぐに解け、本当に良かったです。新しい人生をスタートできます。ありがとうございます。

 

 


Hotボイス④(白石様 仮名)

借金のことで弁護士の先生は、誠実で丁寧に説明してくれて分かりやすく、問題の解決がスムーズに進みました。相談しやすい先生で良かったです。

 

 

Hotボイス⑤(高橋様 仮名)

離婚で慰謝料や財産分与について

親切丁寧で説明も分かりやすかったです。助言の一言一言が、的確でとても参考になりました。ありがとうございました。

Hotボイス⑥(清水様 仮名)

借金問題で困っていましたが、先生は丁寧に分かりやすく説明して頂き、納得しながら話が進みました。初めは、相談するまでかなり迷っていましたが、一歩を踏み出して本当に良かったです。

 

 



離婚問題、離婚調停、借金問題、債務整理 弁護士相談なら法律事務所リベルタ再生 借金問題も負債も解決する弁護士
リベルタはイタリア語でLIVERTA『自由』

 

このデスクで

多くを解決済

離婚のこと

借金負債のこと

相続のこと

初回相談60分 無料

法律事務所リヴェルタ再生

TEL: 042-646-3232 

  

離婚手続き、離婚裁判。離婚調停、離婚問題解決に弁護士、法律事務所リベルタ再生、東京、多摩、神奈川に必要な弁護士 借金問題も解決

相談してよかった、相談しやすいと

言われることが一番うれしいです。

 

 

 借金、債務問題を弁護士が解決

 

    悩まれているなら相談、解決

   損失が増えていませんか?

   こちらへ

 

 離婚問題は弁護士に

 

  ☑ 子供の親権、養育費、慰謝料

   などなど こちらへ

 

 交通事故で被害にあったら弁護士へ

 

  ☑ その他損害賠償などは こちらへ

 

 相続問題 を弁護士が解決

 

   相続人の確定、相続財産の確定

   相続財産の分割方法

 

 

●離婚・親権・慰謝料

 

 

■離婚協議を円滑に

離婚協議を円滑に進めようとするも、いくつかの要因が邪魔をして思うように進まない。

例えば、親権、財産分与や離婚後の生活費等の金銭的な事、離婚条件の協議・・ 

 

離婚を円滑に進めるには離婚するための優先順位は何かを明確にし共有すること。離婚協議が円滑な流れになり嫌な思いをする時間も大幅にカットされていきます。

 

■親権について 

・面会交流及び養育費の分担

親権について、夫婦が取り決める事項として面会交流及び養育費の分担などがあります、「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」との理念を基に解決しましょう。

 

■慰謝料

慰謝料を請求したいと考えるのが普通です。これは損害賠償に該当します。法外な請求額は難しいと考えるべきですが、中には通るケースもあります。離婚が成立して最後は、慰謝料で締めくくりたいと考える方は少なくありません。この金額の妥当性、正当性については、お任せください。この慰謝料こそ弁護士が間に入り調整しなければならない重要項目です。

 

 離婚解決ページは こちら

 

 まず無料相談から

 

広告主:法律事務所リヴェルタ再生

Tel : 042-646-3232

お問合せメール こちら

弁護士:渡邊良隆(わたなべ よしたか)

 ©2023-2024 Liverta-saisei

 

 

離婚問題、離婚協議、離婚調停、離婚裁判など離婚で悩まれる方に適切に対応することが弁護士の仕事です。

法律事務所リベルタ再生 京王八王子駅徒歩3分

 

AI(人工知能)に頼らない姿勢

「チャットGPT」は自分の知らないことに対する回答は、驚くほど優秀に思えます。

★ただし、

多くの情報を瞬時に集め、集めた情報の真意が正しいものであるか否かに関わらず、「チャットGPT」は見事に総合判断してしまう能力があります。

だからこそ、過信すべきではないとお伝えします

注意は必要です。

例えば今後離婚を想定される方の中に「予算がないからチャットGPTを頼りに乗越えたい」という考える人が、少なからずあると想定します。ただし、その選択は怖いなと思う気持ちは否めません。「チャットGPT」に書かれていることすべてを信じてよいのかです。十分注意すべきことであると考えます。

 

追伸:2023年5月1日NEWS 先進7か国(G7)デジタル・技術相会合は4月30日、急速に普及が進む人工知能(AI)について、一定の規制の下で活用し「信頼できるAI」の実現を目指すことなどを盛り込んだ共同声明を採択した。(東京新聞)

 

なお当ホームページの中にも記載しています「AIと法律」欄にこの流れを法務省も懸念していることを含め記載しましたので、お時間あればぜひともお読みいただきたいと思います。ちなみにブログにもしました。ブログページ

 

 離婚問題解決ページへ

 

法律事務所リヴェルタ再生

Tel : 042-646-3232 

お問合せメール こちら

弁護士:渡邊良隆(わたなべ よしたか)

©2023-2024 Liverta-saisei

  

 

 離婚解決はこちら

借金解決はこちら

 まず無料相談から

 

広告主:法律事務所リヴェルタ再生

Tel : 042-646-3232

お問合せメール こちら

弁護士:渡邊良隆(わたなべ よしたか)

 ©2023-2024 Liverta-saisei

 

弁護士には、えっ!

と驚く力があります

請求(一括支払)や督促を停止させることが可能。

① 取り立てを止めさせる

② 支払いを止める

 

 

相談しやすく明朗会計であり続ける弁護士の一人です。

初回60分無料法律相談は大事な時間となります。

 

法律事務所リベルタ再生は弁護士費用の分割支払いに応じています。ご相談してください。
離婚問題、離婚調停、借金問題、債務整理 相続問題を弁護士に無料相談なら法律事務所リベルタ再生

◆借金問題=待ったなし!

・収入が減ってしまった。

・物価が上がり返済にまわす余裕がない

・生活費が足りない

・税金が上がってしまうのが恐ろしい

・少子化問題も税金で賄うのか

・弱者が破綻する国になったのか?

・闇金に手を出したくない

 この先どうなるんだろう

 借金解決はこちら

 

住宅ローンの返済が厳しい場合の

対策方法例を記載します。

 

支払金利は、債権者と交渉し金利を低減  

可能な限り努めます

毎月返済額10万円を 毎月3万円程度に

 

相談者:「それ 本当ですか?」

弁護士:「本当です.出来ます」

 

気づかぬ間に、

大きな損に進んでませんか?

ご自分のお考えで進むことは否定しません。ただし、本当に正しい方向性を選択されているか、少し立ち止まり考えてみることはとても大事ですね。だから最後まで意地を張る人は大きな損に向かっているだけ、と考えを切り替えることは大事です。

 

 借金解決はこちら

自分は絶対ブラックリストになりたくない

家賃払うだけでもぎりぎりなんだぞ

闇金融なんか手を出さないぞ

ここまで頑張っても毎年多くの方々が

そういった最悪の事態になっています。

 

 金融庁HPに恐ろしいなと思える記載があります。決して他人事だと思わずに読んで頂きたい内容を下記に抜粋させていただきました。参考:金融庁 安易に借金をしてはいけません

 

100万円借り入れて毎月2万5千円返済する場合の金利を合わせた返済額と返済期間

 

・年利 5% ⇒110万円(3年8ヶ月)

・年利 15% ⇒139万円(4年8ヶ月)

・年利29.2% ⇒377万円(12年7ヶ月)

※ 現行法上、年利29.2%を超えて業として貸付けを行うと、貸し手は刑事罰の対象となります。

なお、15~20%を超える金利は無効で、借り手には返済義務はありません

(金融庁 安易に借金をしてはいけませんの2頁より抜粋)個人の感想ですが金融庁は本当に困っている人に親身になる姿勢が感じられます。

 

こうやって見ると借りると怖いなーと思いませんか?そして最後まで意地を張る人は大きな損に向かっているだけ、と考えると今からご自身の考え方を切り替えるほうが賢いかもしれません。

それについては下段に記載します。

 

金融庁は真剣に困った人を何とか助けたい気持ちは根底にあると思います。弁護士は負債を減らし、日常の生活を安定させる手続きや方法を熟知しています。確かに相談後に依頼されるにも弁護士費用が掛かります。ここが壁になり弁護士への依頼が立往生している方もいることでしょう。困った人を助けたい気持ちは大いにあります。お金の面で立往生している方も勇気をもって相談してください。法律事務所リベルタ再生はこの気持ちがある弁護士事務所です。

借金解決はこちら

 

広告主

法律事務所リヴェルタ再生

Tel : 042-646-3232 

お問合せメール こちら

弁護士:渡邊良隆(わたなべ よしたか)

 ©2023-2024 Liverta-saisei

 

● 弁護士の業務  ●

 法的紛争に関わる相談、訴訟、その他法律業務全般

 

   ▶ 離婚  借金でお困りの方

 

  相続  損害賠償請求

 

    @豆ちしき

 

  よくあるご質問  料金について

 

  事務所概要  アクセス方法

 

  プライバシーポリシー

 

  ご相談受付フォーム

 

   ▶ ブログ

 

こんな件数知りたくない!

 これは余談になるかもしれませんが世の中で起こっている事実をここにお知らせします。弁護士の仕事がとても重要なことがわかって頂けるかもしれません。

 

●2022年に警察が認知した刑法犯は前年比3万3285件(5.9%)増の60万1389件

●虐待の疑いで児童相談所に通告した18歳未満の子どもは11万5730人

いずれも日本経済新聞社記事 記事はこちら

 

こんなに多くの犯罪や虐待があることに驚きを隠せません。またここに含まれない訴訟などで離婚、借金、相続、損害賠償など加算されていくと更に件数は増えます。そのすべてを解決していく過程に弁護士・裁判所など多くの段階が入ります。法学部を卒業する人は多くなっていると思われますが、社会人になって弁護士として即戦力で通用するためには、かなりの経験を積みながら先輩に指導して頂き一人前になります。数多くの事案を経験して積重なる経験を持つものが、ご依頼者様に安心できる弁護士です。AIの力を借りてうまく弁護士をこなそうとしても到底無理な話だと言えます。しかし昨今そのAI(人工知能)が独り歩きし始めるのではないかと危惧する人は多くなり、やはり法務省はその考え方を既にまとめています。

便利なものにすぐ飛びついて利用する人は多いですが、弁護士までそんなことはないことを願います。

 

広告掲載媒体ご案内 あなたの一番のパートナーに

 

離婚弁護士相談リンク 相談サポート 相談サポート タウンページ企業広告 なび東京 e-shops  いつもNAVI

 

 ©2023-2024 Liverta-saisei

広告主:法律事務所リヴェルタ再生

Tel : 042-646-3232 

HP運営:Little-Wing OFFICE

まめ知識 知っておくと得することもあります。

 

『調停とはなんですか? 説明はこちら

 

離婚問題、離婚調停、借金問題、債務整理 弁護士に相談なら法律事務所リベルタ再生 多摩市神奈川、東京都まとめて弁護。

AIを活用した裁判は違法?

技術革命と言っても過言ではないものにAI(Artificial Intelligence)が人に代わって代弁したり答えを解いたりできる時代になりました。「チャットGPT」の登場です。凄いなと同時に少し不安、怖いなと思う方が多いと思います。このサイトで思い切ってこの内容に取組みます。と言っても難しい内容でもあります。お時間ある方は以下をご参考にしていただき少し安心して頂けたら幸いです。なおAIについては至る所で解説があります。このコーナーのために片っ端から読みました。くたびれたところでこれならわかると言えるサイトに出会いました次ページブログに記載しました。

 

法務省が見解を公表

令和4年に法務省がこの見解を公表しました。

そして、弁護士の在り方、存在意義、法の解釈などが改めて再認識されることになっていると思われます。以下概略ですがご覧ください。

 

法務省が公表(令和4年11月11日 法務省 大臣官房司法法制部)したAI(人工知能)を活用した「AI契約書審査サービスと弁護士法72条」.pdf によると、様式第十三(第4条関係)新事業活動に関する確認の求めに対する回答の内容の公表.pdf と題されたその書面の中に記載された重要な箇所があります。.確認の求めを行った年月日 令和4年9月16日、回答を行った年月日 令和4年10月14日。書類の内容は多いため失礼ながら割愛しますが最後に記載された「個別具体的な事情によっては、弁護士法第72条本文に違反すると評価される可能性があることを否定することはできない。」この内容は朝日新聞も取り上げています。こちら朝日新聞記事

 

弁護士法72条とは?

(大事なとこだけ抜粋しておきます。)

弁護士法(昭和24年法律第205号)

第72条

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。「AI契約書審査サービスと弁護士法72条」.pdf より

 

弁護士法72条の趣旨

昭和46年7月14日 最高裁判所大法廷判決

同条制定の趣旨について考えると、弁護士は、基本的人権の擁護と社会正義の実現を使命とし、ひろく法律事務を行なうことをその職務とするものであつて、そのために弁護士法には厳格な資格要件が設けられ、かつ、その職務の誠実適正な遂行のため必要な規律に服すべきものとされるなど、諸般の措置が講ぜられているのであるが、世上には、このような資格もなく、なんらの規律にも服しない者が、みずからの利益のため、みだりに他人の法律事件に介入することを業とするような例もないではなく、これを放置するときは、当事者その他の関係人らの利益をそこね、法律生活の公正かつ円滑ないとなみを妨げ、ひいては法律秩序を害することになるので、同条は、かかる行為を禁圧するために設けられたものと考えられるのである。「AI契約書審査サービスと弁護士法72条」.pdf より

 

この文面に弁護士の在り方が明確に記載されています。この長い内容をお読みいただいた方にお礼申し上げます。

 

記事掲載 

法律事務所リベルタ再生 AIと法律 続きページへ

 

そもそも法律事務所リベルタ再生は弁護士事務所です。AIという複雑なことまで理解しなければ弁護士業務も務まらない時代に入りました。文系の方々は苦手な分野と言っていいかもしれませんがこの時代に文系、理系などと線引きしてる場合ではないことは確かです。

法律相談所なら八王子の弁護士。離婚問題、借金問題、債務整理、相続問題 法律事務所リベルタ再生
60分無料法律相談、分割支払い可能、弁護士がここにいる

第二東京弁護士会こどもページ

弁護士の世界をのぞいてみよう

 

弁護士についてわかりやすく解説

一部抜粋して皆さんにご紹介

 

〇弁護士の仕事と役割

弁護士の仕事と役割(やくわり)は、弁護士法という法律が決めています。

弁護士の仕事の代表的なものとしては、法廷に立つ姿から想像されるように、裁判(さいばん)があります。そのほかにも、法廷以外の場所で、法律を使って手続を申立てたり、人と人の争いを解決したり、そもそも争いを生じさせないような取り決めを作ったりする仕事をしています。

 

〇弁護士の役割とは

弁護士法1条は、弁護士の役割(法律では「使命」と表現されています。)について、人の権利(けんり)を守り、正義を実現することと定めています。

わたしたちは、そのような役割(使命)を常に意識しながら、仕事をしています。

 

〇弁護士の仕事は何か

弁護士は、そのような裁判以外の争いの場面でも、一方の代理人として、その人の言い分を一定のルールに沿って整理して代弁する仕事をしています。

このときに、弁護士は、相手方やその代理人と直接話をしたり、話し合いの場として裁判所や弁護士会等を利用したりして、解決を目指します。

では、争いが発生していない場合には、弁護士の仕事は必要ないのでしょうか。

そうではありません。そもそも、どんな場所でも、人と人が関わる場所には争いが発生する可能性があります。

弁護士は、将来発生するかもしれない争いをさけるためのお手伝いもしています。

*******************

 この内容は一部を抜粋させていただきご紹介しています、まだまだ沢山わかりやすい内容がありますのでぜひお時間あればお読みいただければ幸いです。

 

第二東京弁護士会こどもページ

弁護士の世界をのぞいてみよう

 

Q&Aのコーナー

弁護士Q&Aのコーナーも面白いので一部抜粋します。

Q 私は今高校生なのですがどうしても弁護士になりたいです。どんな勉強をしたらよいですか?

A. 高校生の場合、文系・理系の選たくが気になると思います。弁護士の中では法学部の出身の人が多いですが、法学部以外の文系から弁護士になる人もいますし、理系の大学などを出た後に弁護士になる人もいます。

弁護士の仕事は、法律の知識だけでなく、経済の知識、理系の知識などを必要とされることもあります。また、海外の人や会社との事件をあつかう場合には、英語などの外国語を使用することもあります。このように、弁護士になるためには、法律の知識は必須(ひっす)ですが、それだけで足りるというものではありません。

そのため、高校生のときには、授業で受ける国語、英語、数学、社会科、理科、音楽などの科目もまんべんなく勉強しておくことが将来弁護士になったときに役に立ちます。

 

また、弁護士は困っている人を助ける仕事ですので、人とのかかわりもとても重要になります。学校生活を通じて、いろいろな人と交流することも将来弁護士になったときに役に立ちます

 

Q 弁護士のバッジの裏には、なにが書いてあるんですか?

A 弁護士バッジの裏には、「日本辯護士連合會員章 純銀 造幣局製」という文字のほか、弁護士のそれぞれの登録番号が刻印されています。登録番号は一人一人ちがうので、弁護士バッジは同じものは2つと存在しません。

また、弁護士バッジをふん失して再交付された場合には、「再1」や「再2」という文字が入り、再交付であることがわかるようになっています。

「純銀」という文字について、「金色なのに?」と思われる人もいるかもしれませんが、銀に金メッキがほどこされているため、「純銀」と書かれています。なお、純金製のバッジを選ぶ人もおり、その場合は「純金」の文字になります。

 

Q 弁護士になるとお金持ちになれますか?

A いっぱん的に弁護士はゆう福であるというイメージがありますが、お金持ちになれるかどうかは、その人次第です。ただ、お金持ちになりたいから弁護士を目指すということはおすすめできません。

弁護士の仕事は、いらい者から相談を受け、事実に基づき、法律に則って、社会正義に適うように問題を解決することですが、専門的な知識・経験も必要な仕事を一所けん命にした結果としてそれに見合った報しゅうをいただきますので、いっぱん的には高収入なのかもしれません。

(参考「近年の弁護士の実勢について」(『弁護士白書』2018年版 日本弁護士連合会)

 

弁護士D&A のごく一部紹介

 

 

 紛争と決着について

世の中の問題は凡そ日本であれ海外であれ人は交渉して、折合いを見いだし、譲歩して、同意を得て和解に向かう正しい判断が常に存在します。法律が介在しなくてもこのような事は人類が基礎教育を享受したなら当然の事です。

弁護士の仕事はこの流れとさほど変わりありません。弁護士が間に入る場合は、その問題が紛争状態である場合です。では紛争とは何か。人間同士の不都合な事情が折り重なり災い(禍)にまで展開してしまう。社会を驚かす事件にまで展開してしまうことは日常に潜んでいます。

この説明の中にいくつも弁護士の出番があります。

 

まず紛争中が該当します。解決するには法的措置が必要なら弁護士のノウハウが必要です。弁護士抜きで和解に辿り着くこともあります。ところがこの場合の問題は後々最初に和解した内容が崩れてしまい「あれはなんだったんだ!」というケースです。弁護士が入っていれば後々に起こることも法的な制限を設けることで揉め事にならないで済んでしまう。良いことは最初に弁護士が取り決めすると法制度が長期間有効に機能することです。

 

いざこざとか、いがみ合いとかあるかもしれませんが、肝心な取決めを弁護士に依頼するかしないかだけのことです。

意外に思う方もいるかもしれませんが離婚問題は紛争そのものです。離婚に至る要因は様々です。

「性格の不一致」による離婚、

「子供の問題」で離婚、

「精神的虐待」から離婚、「

「家庭内暴力」で離婚、

「金銭問題」で離婚、

「価値観のずれ」で離婚、

「不倫浮気」で離婚、

「親族間の紛争」が嫌で離婚、

などこのような事から離婚となるケースが多くあります。 弁護士は困っている人を護り救います。ただし弁護士はカウンセラーにはなれません。人の心の問題は解決し決着して終結するといいのですがなかなかそうはいかない場合もあるかもしれません。

 

最近の日本では少なくなった土地の境界問題も紛争です。少なくなったとは最近の住宅販売はこのような問題を考慮して、購入者が納得できる仕組みをあらかじめ予測して用意していることです。逆に多いのは古くから住んでいて隣との境が分からなくなった。土地所有者はどこまで自分の土地だったかもうわからないというケースです。それでも、「うちの土地になんか入り込んでいるんじゃないか?」と疑心暗鬼に陥り、だんだん収まりがつかなくなってしまう人がいます。弁護士は間に入りますが当人の感情は抑えることがとても複雑で難しく、とにかく冷静に落ち着いていただくことを希望します。

 

上記のように人と人同士は、紛争になる隠れた問題が沢山あります。動物なら「なわばり」という自然界のルールがありますが、人間がそんな風になるわけはありません。紛争を解決するために弁護士はいます。そして弁護士は決着するための技能を最大限発揮します。

 

 


<アンドロイドをご利用の方>

女性画像をクリックすると

スマホからダイレクトに

つながる画面がでます。

TEL:042-646-3232

 

どんな時も味方になる弁護士

 

Tel: 042-646-3232

Fax: 042-646-8787

 

法律事務所リベルタ再生

弁護士 渡邊 良隆

 所在地:東京都八王子市明神町

4-14-1 エヌビル2F

京王八王子駅3分

---------------------------------

©2023-2024 Liverta-saisei

広告主:法律事務所リヴェルタ再生

HP運営:LittleWing OFFICE

 

法律事務所リベルタ再生は弁護士費用の分割支払いに応じています。ご相談してください。

 初回の法律相談は、

 個人、法人とも60分無料です。

 2回目以降は60分ごとに

 5,500円(税込)

 但し、ご依頼(受任)後は

 費用は掛かりません。

 

 【営業時間】

● 平日:10:00~18:00 ※この時間以降もご都合に合わせます。土・日をご希望の方にもご対応いたします。



 いつも身近な味方

弁護士 渡邊 良隆 

所属:第二東京弁護士会

離婚問題、離婚調停、借金問題、債務整理 弁護士相談なら法律事務所リベルタ再生

 

ブログページはありますがここにもまとめてみました。

 

2023/05/02    紛争と決着をわかりやすく【弁護士】

2023/04/30    わかる相続・贈与 法律相談所

2023/04/16    AIを活用した離婚手続きは違法か??

2023/01/08 なぜ初回60分無料法律相談?

 

2023/01/07 離婚の苦痛を開放に!

 

2023/01/07 返済額を大幅に減額する方法

 

2023/01/04 離婚後に想定しておくこと 弁護士より

 

2023/01/03 調停とは?豆ちしき 弁護士より

 

2023/01/03 離婚問題を考える年 弁護士より

 

2023/01/03 損害賠償とはなんだろう

 

2023/01/03 17万円を4万円に減額する裏技

 

2022/10/14 高尾名物 天狗饅頭美味

 

2022/08/05 旭が丘中央公園

 

2022/07/27 八王子浅川の白鷺

 

2022/04/18 遊歩道にさくら

 

  ▶ 取扱い業務

   ▶ 離婚あわてる前に

  借金でお困りの方

  相続

  損害賠償請求の方法

    @豆ちしき

  よくあるご質問

  料金について

  事務所概要

  アクセス方法

  プライバシーポリシー

  ご相談受付フォーム

   ▶ ブログ

 

所在地:東京都八王子市明神町4-14-1 

エヌビル2階

京王八王子駅西口から3分です。(アクセス方法へ)

   

所在地:東京都八王子市明神町4-14-1 エヌビル2階

 

京王八王子駅改札から3分です。(アクセス方法へ)

 

どんな時も味方になる弁護士

 

Tel: 042-646-3232

Fax: 042-646-8787

 

法律事務所リベルタ再生

弁護士 渡邊 良隆

 所在地:東京都八王子市明神町

4-14-1 エヌビル2F

京王八王子駅3分

---------------------------------

©2023-2024 Liverta-saisei

広告主:法律事務所リヴェルタ再生

HP運営:LittleWing OFFICE

 

【弁護士 八王子 立川 多摩市】離婚は紛争です。AIで離婚計画は危険、離婚問題、離婚協議、離婚裁判、解決に多摩、八王子、立川でトラブルの方、60分無料相談、法律事務所リベルタ再生

 

【弁護士 八王子 立川 多摩市】相続問題に直面されているなら今が紛争状態です。遺産相続、財産分与、相続問題解決なら東京都、八王子、立川、の法律60分無料相談、法律事務所リベルタ再生

 

【弁護士 八王子 立川 多摩市】多重債務、負債整理、負離婚問題、離婚協議、離婚裁判解決に強い弁護士、交通事故、損害賠償、火災事故、人身事故、損害賠償請求 初回60分無料法律相談 多摩、八王子、立川でトラブルの方、法律事務所リベルタ再生

 

【弁護士 八王子 立川 多摩市】交通事故、損害賠償、火災事故、人身事故、損害賠償請求で平和を取り戻す東京都、八王子、立川、の法律事務所リベルタ再生 初回60分無料法律相談